お知らせ

2022.02.14

【令和4年版】新型コロナウイルス感染症対策においてのアイリーフの基本方針

株式会社アイリーフでは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うリスクに対して、

以下の方針に基づき体制を整備し、必要な対応を遂行しています。
           

1.持ち込まない を率先垂範する
平常時より感染対策(健康管理・ワクチン接種等)を講じる
外部(ご家族・後見人・外部者)との接触の制限
水際対策(訪問者の健康チェック・検温・手指消毒・マスク装着)
      職員は体調が悪いときは職場を休み検査に繋げる
     

2.拡げない を率先垂範する
軽い風邪症状でも積極的に検査に繋げる(利用者・職員)
職員・利用者への健康管理・チェック「いつもと違う」を見逃さない
ケア前後の手指消毒を徹底する(手指消毒の5つのポイントを押さえる)


3.持ち出さない を率先垂範する
    職員の健康管理の徹底
    風邪症状の自覚がある場合は検査に繋げる
自施設の感染対策を徹底し感染症を持ち出さない


目的:アイリーフに関わる全ての方々
(利用者、入居者、職員及びその家族、地域)の命を守る