お知らせ

2021.05.18

せかんどゆーす西口およびアイリーフヘルパーステーション西口よりご報告~新型コロナウイルス感染者についての続報~

 

関係者の皆さまへ

 

 サービス付き高齢者住宅せかんどゆーすの入居者様とヘルパーステーション西口の職員の新型コロナウイルス感染に関して現在の状況をお知らせします

5月7日に弊社の運営するサービス付き高齢者住宅せかんどゆーす西口の入居者様の陽性が判明した件(弊社ホームページ57日掲載)と、ヘルパーステーションの職員の陽性が判明した件(弊社ホームページ57日掲載)について、その後の状況をお知らせします。

PCR検査で陽性が判明した職員は、サービス付き高齢者住宅せかんどゆーす西口の職員としても勤務していたことから、両件併せてのご報告です。

 

管轄保健所からは、濃厚接触者の該当はありませんでしたが、独自で行った職員と入居者様へのPCR検査及び抗原検査では全員の陰性が確認されています。

ヘルパーステーションの職員は10日間の経過観察期間を経て、16日に保健所から職場復帰の許可をいただきましたが、再度PCR検査を実施し陰性が確認されました。当職員は519日より職場復帰することとなりました。

感染対策の強化として館内の消毒を徹底し、日々の入居者様への体調管理への留意を強化し、収束に向けて準備しておりましたが、以下の別事案が発生したため、収束のご報告が延期しております。

該当事案は、514日に当施設の複数名の入居者様が利用している弊社運営のデイサービスから職員の陽性が確認された件(弊社ホームページ515日掲載)で、現在はデイサービスの方針に従い、保健所が指定した該当日にデイサービス利用の入居者様に対してPCR検査を実施し、本日全員の陰性が確認されました。

今後は当事案の状況を見ながら、せかんどゆーす西口およびアイリーフヘルパーステーション西口の業務を徐々に通常営業に戻してまいります。

 

皆さまには重ねてのご心配およびご迷惑をおかけして申し訳ございません。何卒引き続きのご理解を賜りますようお願い申し上げます。

せかんどゆーす西口 施設長 蔵野芳枝