ブログ

2020.10.30

愛ファミリー天瀬 十三夜~栗名月~

 10/29は十三夜でした。十五夜は芋名月と呼ばれるのに対して十三夜は栗名月と呼ばれるそうです。

中秋の名月(十五夜)から約一か月後の満月の直前が十三夜にあたるそうです。

そこで、職員手作りの十三夜のお月見もちを召し上がって頂きました。今回は栗名月にちなんで栗をイメージして作りました

また昨日は柿祭りがありそこで採れたばかりの新鮮な柿やイモを楽しんで頂きました。

皆様、秋を感じておられる様子でした。

夜には十五夜の時と同じく、少人数で職員が付き添い、外に月を見に行きました

天気も良くとても綺麗に見え皆様大満足なご様子でした

外出制限も緩和され、新型コロナウィルスも少しづつ落ち着きつつあるように感じますが、岡山県でも先日、病院や、高齢者施設でもクラスターが発生したり、感染者も増え続けており、重症化しやすいと言われている高齢者にとっては、まだまだ安心できる状態とは言えないのが現状です。

皆様には大変ご不便また、ご迷惑をおかけいたしますが、直接の面会は出来る限り控えて頂きますようご協力よろしくお願い致します。

また、朝夕と寒くなり、日中との寒暖差も大きくなっております。ご家族様、関係者様、皆様も体調崩されませぬようご自愛ください。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム